事故車買取の売却相場は半額が目安

事故車買取の売却相場は半額が目安 事故車は文字通り過去に交通事故に遭遇した自動車で、大抵はいわくつきになるので買取りすることができないと思い、廃車を検討することが多いです。
しかし完全に大破したケースや少し擦りつけたなど、程度に差が存在するのも事実で、事故車だから一切、買取りができないと考えることは早計になります。
理由はサイトなどでも、どんな年式が古くてもニコニコ買取りを実施すると掲載されていることも多く、自動車は豊富な部品によって構成され、その宝庫なのでそれを利用することが可能だからです。
つまり事故に遭遇した事故車であっても、全壊していなく状態が良ければ十分に売却することもできます。
しかも近年は半導体不足・素材不足などで部品の製造が追いついていない点もあり、使える部品を使い回しするニーズも起きていたりします。
なお事故車の売却相場に関しては半額が一つの目安になり、若干安く査定されてしまうのが実態になります。
もちろん運転することができない状態でも売却することができますが、通常の相場よりも安く査定されるのが一般的です。

買取に影響があるのはどこから?事故車の状態を解説

買取に影響があるのはどこから?事故車の状態を解説 車の査定項目には事故車かどうかチェックする項目がありますが、交通事故を起こした車だからと言ってチェックが入るとは限りません。
外装に目立つ傷やへこみがある状態でも、骨格が歪んでいたり修正した後があったりしなければ事故車扱いにはならないのです。
もちろん傷やへこみはマイナス査定になってしまいますが、修理しておけばそこまで引かれませんし、ドアやボンネットなど大きなパーツを交換してあっても大した問題にはなりません。
骨格に問題がある場合は、いくら見た目が新車のようにピカピカでも大幅なダウン査定は覚悟しておきましょう。
事故車は内部まで衝撃が及んでいるため、綺麗に修理してあっても走行に何らかの変化が起こっていることがありますし、経年劣化でほかの車よりも問題が起こりやすい状態です。
近年の車は一部の骨格が確認できないようになっていることが多いものの、整備手帳を確認すれば分かりますし、修理していない車もドアのチリやピラーなどを見ればばれてしまうことがあります。